loading
 

CAST

チャーリー・モルデカイ ジョニー・デップ CHARLIE MORTDECAI / JOHNNY DEPP

1963年、アメリカ・ケンタッキー出身。『エルム街の悪夢』(84)で長編映画デビュー。『プラトーン』(86)に出演後、TVシリーズ「21ジャンプ・ストリート」(88~91)に主演し脚光を浴びる。『クライ・ベイビー』(90)で映画初主演を果たし、同じく主演をつとめた同年公開の『シザーハンズ』でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。さらに『ギルバート・グレイプ』(93)などのヒューマンドラマや『エド・ウッド』(94)といった伝記映画にも立て続けに出演し、俳優としてのキャリアを積む。2003年、彼の代表作となったディズニー配給『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』で興行面での大成功をおさめ、初のアカデミー賞®主演男優賞ノミネートを果たす。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ(03)(06)(07)(11)は全作において大ヒットを記録し、ジャック・スパロウのキャラクターと共に世界的人気を博した。さらに『ネバーランド』(04)などで、同賞ノミネートに2度挙がっている。『アリス・イン・ワンダーランド』(10)、『ダーク・シャドウ』(12)などティム・バートンとは8作品を共にし、『チャーリーとチョコレート工場』(05)でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。その他の出演作は『ツーリスト』(10)、声優参加の『ランゴ』(11)、『ローン・レンジャー』(13)など。また公開待機作として、ディズニー配給『イントゥ・ザ・ウッズ』(14)がある。さらに近年ではプロデューサーとしても活躍の場を広げており、『ランゴ』(11)、『ダーク・シャドウ』(12)、『ローン・レンジャー』(13)の製作もつとめている。

CAST

1972年、アメリカ・ロサンゼルス出身。『過ぎゆく夏』(91)で映画デビューを果たした後、ピーターパンを題材にした同年公開のスピルバーグ監督作品 『フック』に幼いころのウェンディ役で出演。また1995年『セブン』にブラッド・ピットの妻役で出演し、一躍注目を浴びた。『恋に落ちたシェイクスピア』(98)で第71回アカデミー賞®主演女優賞、第56回ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)など数々の映画賞を受賞。さらに同年の米ピープル誌にて「最も美しい人々」の一人に選ばれた。また舞台にも活躍の場を広げ、「プルーフ」で英国イヴニング・スタンダート映画賞とローレンス・オリヴィエ賞にノミネート。2005年には『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』として映画化され、舞台と同役を演じた。マーベル・スタジオ製作『アイアンマン』シリーズ(08)(10)(13)ではペッパー・ポッツ役として出演。2013年度米ピープル誌が発表した「最も美しい人」ではトップに選ばれ、世界を代表する“美女”となった。

CAST

1971年、イギリス・スコットランド出身。TVドラマ「カラーに口紅」(92)の主役に抜擢され、俳優デビュー。翌年の“BeingHuman”で映画デビューを果たし、1994年にダニー・ボイル初監督作品『シャロウ・グレイブ』に出演し注目を集めた。ダニー・ボイルと2度目のタッグとなった『トレインスポッティング』(96)で映画初主演し、イギリスの映画賞を総なめにした。後に代表作となる『スター・ウォーズ』新三部作(99)(02)(05)にオビ=ワン・ケノービ役で出演。また1999年にはナチュラル・ナイロン製作の短編オムニバス『チューブ・テイルズ』で監督デビューもしている。ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされたバズ・ラーマン監督ミュージカル作品『ムーラン・ルージュ』(01)他、『ブラックホーク・ダウン』 (01)、『ビッグ・フィッシュ』(03)、『天使と悪魔』(09)、『ゴーストライター』 (10)など数々の話題作に出演している。

CAST

ジョージナ オリヴィア・マン GEORGINA / OLIVIA MUNN

1980年、アメリカ・オクラホマ出身。女優、コメディアン、モデル、テレビパーソナリティ、作家として幅広く活躍している。TVドラマ『ビヨンド・ザ・ブレイク』(05~09)に出演。2006年~2010年までG4ネットワークの人気TV番組“Attack of the Show”の司会をつとめた。映画デビューはロブ・シュナイダー監督の“BigStan”(07)。その後、2010年に『デート&ナイト』、『アイアンマン2』に相次いで出演した。2012年、スティーヴン・ソダーバーグ監督、チャニング・テイタム主演の話題作『マジック・マイク』にジョアンナ役で出演し一躍有名に。その後も『NY心霊捜査官』(14)などに出演している。

CAST

ジョック ポール・ベタニー JOCK / PAUL BETTANY

1971年、イギリス・ロンドン出身。スティーヴン・ダルドリー演出「インスペクター・コールズ」や「ジュリアス・シーザー」、「ロミオとジュリエット」など舞台俳優として活躍し、キャリアを積む。『ペント/堕ちた饗宴』(97)で映画デビュー。その後『ギャングスター・ナンバー1』(00)、『ROCK YOU!〔ロック・ユー!〕』(01)で注目を集め、『ビューティフル・マインド』(01)、『ウィンブルドン』(04)、『ダ・ヴィンチ・コード』(06)など数々の話題作に出演する他、世界的に大ヒットした『アイアンマン』シリーズ(08)(10)(13)、『アベンジャーズ』(12)ではJ.A.R.V.I.S.の声を担当している。ジョニー・デップとの共演は『ツーリスト』(10)、『トランセンデンス』(14)に続き本作で3度目。